CrystalDiskMark

Webサーバーとファイルサーバーの分割後、設定等も大体落ち着いてきましたので、本格的に運用開始…の前に簡単なベンチマークをクライアント側(Windows7)から取得してみました。

ベンチマークに関しては、CrystalDiskMarkというソフトを使わせていただきます。こちらの64bit版(3.0.2)で計測してみましたので、結果の画像を掲載しておきます。

20130824_1
20130824_2
20130824_3
20130824_4
20130824_5
20130824_6

・1枚目 … 内蔵SSD(Intel製2.5″SSD 60GB, SATA/6G)
・2枚目 … 内蔵HDD(HGST製2.5″HDD 500GB, SATA/3G, 7200rpm, 16MBcache)
・3枚目 … 外付USB3.0HDD(HGST製3.5″HDD 2TB, SATA/3G, 7200rpm, 32MBcache)
・4枚目 … RAMDisk(4GB)
・5枚目 … ネットワークドライブ@CentOS(TOSHIBA製2.5″HDD 320GB, SATA/3G, 5400rpm, 8MBcache, RAID1)
・6枚目 … ネットワークドライブ@FreeNAS(TOSHIBA製3.5″HDD 3TB, SATA/6G, 7200rpm, 64MBcache, RAID1)

ネットワークドライブ(SAMBA)に関しては…まあこんなものでしょう。SSDはまずまずのスコアを出しています。しかし何よりもRAMDiskは他のドライブを寄せ付けぬほどの圧倒的なスコアを叩き出しています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。