GPT(GUID Partition Table)保護パーティション削除

GPTディスクに変換していなければ、「ダイナミックディスクに変換」が有効になっているはずですが、GPTディスクの場合はこの項目がグレーアウトされて選択不可能となります。

外付けHDDとして使用する分には問題ないのですが、今回はこのGPT保護パーティションのせいで記憶域作成にはまりました… orz 調べてみたら、これはコマンドプロンプトからでないと削除できないようです。GPTディスクに変換した記憶は…あるような無いような。

とにかくディスクの管理情報を削除するべく、「diskpart」コマンドで初期化します。

○コマンドプロンプト
(1).「ファイル名を指定して実行」から「cmd」と入力してEnter。
(2).「diskpart」と入力してdiskpartを起動。
(3).「list disk」と入力して初期化対象のディスク番号をチェック。
(4).上記(3)で確認したディスク番号を元に「sel disk 〇」と入力してディスクを選択。
  ※〇の部分は数字
(5).「clean」と入力してディスクを初期化。

diskpartコマンドで初期化完了! 無事GPTパーティションが削除されました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。