DOSPARA TABLET A07I-D15A(ファームウェアアップデート)

ファームウェアがリリースされてからしばらく経ちますが、ようやくアップデートに着手しました。インストール済みのアプリをどうしようかで少しだけ悩んでいましたが、どうやらGoogle側にバックアップがあるようです。

ちなみにこのタブレットは、一時液晶パネル云々で問題となった製品です。返品することも考慮しましたが、他の製品となると所謂「中華タブレット」しか候補が挙がらないので、QUOカードを貰って使い続けることにしました。Androidの実機と開発環境が無いと困りますので…。

「IPS? あんなの飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ」

本音を言えばTNよりIPSの方が良いです(笑) それよりもタッチパネルの精度の悪さの方が問題です。文字入力がし辛くて、こちらの方で返品したくなります。しかしその問題も今回のファームウェアアップデートで解消されるようです。

「DOSPARA TABLET(ドスパラ タブレット)A07I-D15A」ファームウェアリリースのお知らせ(4月1日更新)
アップデートの方法はドスパラのサイト内にあります。手順を見ても分からない、もしくは自信が無い方は店舗に持ち込めば代わりにアップデートしてもらえるみたいです。

私はサイトを見ながら「DOSPARA TABLETの初期化」→「アップデートファームの準備」→「ファームウェアアップデート」の順ですんなり完了しました。肝心のタッチパネルの精度の方ですが、少しだけマシにはなったような気も…?

20130609_1

「νファームウェアは伊達じゃない!」

…スミマセン、もうちょっと使ってみないと判別しかねます (・ω・)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。