見せてもらおうか、Gigabit LANの性能とやらを

先月設置した実家のサーバーには無線LANコンバーター(MZK-MF300N)を使っていましたが、安定性に欠けているようなので有線に変更しました。Linuxで使えるUSB型無線LANがあれば良いのですが、探すのも設定するのも大変なのでケーブルで我慢します。

ルーターは1階、サーバーは2階に設置という環境ですが、あらかじめ下見しておいた感じでは20mのLANケーブルがあれば大丈夫そうです。

ケーブルの敷設は壁に沿って上手くできた…とは思いますが、惜しむらくは見た目がマズい(笑) しかもケーブルはCat.5e…まあ後で買い換えてしまうのも手ですが、現状性能的には問題無いので良しとします。

気になる転送速度ですが、とりあえず簡単な測定をした結果、以下のとおりとなりました。

○無線LANコンバーター(11n)
 1.08GB … 2m13s
  225MB … 28s
○有線LAN(Router LAN 100BASE-TX)
 1.08GB … 1m40s
  225MB … 22s
○有線LAN(Gigabit Hub)
 1.08GB … 25s
  225MB … 7s
※いずれもクライアントからサーバーへのファイルコピー(平均値を算出)。

ルーターの有線LANポートが100BASE-TXなので、クライアントとサーバー間はGigabit Hubを使用することで本来の性能が発揮できるようになりました。ファイルサーバーとしてはこの効果は非常に大きいです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。