ルーターのポート変換(NEC Aterm WR8370編)

自宅で使用中のルーター、NEC Aterm“WR8370”のポート変換に関して以下簡易メモ。

(1).ルーターにアクセス。(例:192.168.0.1)
(2).「詳細設定」項目の「ポートマッピング設定」を選択。
(3).「NATエントリ」の「追加」ボタンをクリック。
(4).NATエントリ追加の欄にサーバーのIPアドレス(例:192.168.0.200)やポート番号を入力し、「設定」ボタンをクリック。
 (例)
 ・LAN側ホスト:192.168.0.200
 ・プロトコル:TCP(またはUDP)
 ・ポート番号:80-80(anyのチェックを外す)
 ・優先度:1(重複無しで設定)
(5).ブラウザ左上の「保存」ボタンをクリックして設定を保存すればOK。

20130519_1

同様にサーバーのドメインでアクセスするための設定に関して以下簡易メモ。

(1).「詳細設定」項目の「DNSルーティング設定」を選択。
(2).「DNSルーティングエントリ」の「追加」ボタンをクリック。
(3).DNSルーティングエントリ追加の欄に宛先ドメインやIPアドレスを入力し、「設定」ボタンをクリック。
 (例)
 ・宛先ドメイン名:dukehide.dip.jp
 ・指定方法:ゲートウェイ
 ・インタフェース:(none)
 ・ゲートウェイ:192.168.0.1 ←ルーター
 ・プライマリDNS:192.168.0.200 ←サーバー
 ・セカンダリDNS:(必要に応じて)
(4).ブラウザ左上の「保存」ボタンをクリックして設定を保存すればOK。

20130519_2

ちなみにLinuxサーバーのDNSをクライアントPCで利用するには、ローカルエリアのプロパティにて、DNSサーバーのIPアドレスを明示的に指定する必要があります(Windowsの場合)。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。