Twitter Bot設定(Perl編)

サーバーの起動確認用にTwitter Botにて定刻でTweetさせているアカウントを用意していますが、最近IPアドレスの更新頻度が多いので、更新された際にその時刻と共にTweetさせるように手を加えてみました。

今まではPHPを使用していましたが、今回はPerlを使用することになります。というのもDDNSへの通知用スクリプトがPerlなので、そこにTweetの機能を追加した方が手っ取り早いからです。
IPアドレス更新サンプルスクリプト(ieServer.Net専用)

Perlモジュールに「Net::Twitter」というものがあるそうなので、それを導入することにします。以下簡易メモ。

# yum -y install libyaml-devel
 → CPANモジュール用に、先ずはYAMLをインストール。

# yum -y install perl-Module-Build
 → 次にperl-Module-Buildをインストール。

# yum -y install openssl-devel zlib-devel readline-devel
 → Net::SSLeayが必要なのですが、どうやらデフォルトではSSL関係の
   ライブラリが未インストールらしいのでインストール。

続いてNet::Twitterとその他必要なモジュールをインストールします。

# perl -MCPAN -e shell
cpan[1]> install Net::Twitter

cpan[2]> install Net::SSL
 → SSLをインストール

cpan[3]> install Net::Twitter::Lite::WithAPIv1_1
 → Net::Twitter::Lite::WithAPIv1_1をインストール

cpan[4]> install Mozilla::CA
 → Mozilla::CAをインストール

/usr/local/share/perl5 ディレクトリ以下にインストールされます。
/usr/local/lib64/perl5 ディレクトリ以下にもインストールされるものがあります。

ここまで必要なモジュールのインストールが終わったら、DDNS通知用のスクリプトを修正…の前に、適当なスクリプトを書いて動作確認をしてみました。

何度かトライ&エラーをしつつ、テストをしてみた感じでは上手くいきそうなので、DDNS通知用のスクリプトに組み込み完了です。

以降はIPアドレスが更新される度に、Tweetされるようになりました。目安程度とはいえ、サーバーのログを見なくてもTLで確認できるようになったので意外と便利です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。