Windows 8インストール(FreeNAS 9→Windows 8)

約2年半運用していたファイルサーバーですが、諸事情によりOSをFreeNASからWindowsへ変更することにしました。
 ≫記事『FreeNAS9インストール

で、今回インストールするのは「Windows 8.1」ではなく、何と「Windows 8」です。

Windows 8がリリースされた年にパッケージ版を購入したのですが、当時はWindows 7で間に合っていたので長いこと放置…いえ、すっかり忘れていました (^^;)

ライセンスを余らせるのも勿体ないので、有効活用(?)してみます。いずれはWindows 10にアップグレードするかもしれませんが。

インストールしてみて初めて分かりましたが、なるほどこれはWindows 8のままでは使いづらいOSですねぇ。

Windows 8.1へはストアから無料で更新できるのですが、その前にWindows 8のWindows Updateを全て済ませないとダメなようです。意外と時間がかかりました…。

ストアにある更新をクリックしたらこれまた放置です。

2~3時間もあれば終わるだろう…と思っていたWindows 8.1へのアップグレードですが、Windows 8の更新も含め10時間以上かかりました。

とりあえずOSのインストールと固定IPアドレスの設定だけ済ませ、その他の設定に関しては後日行うことにします。

【構成】
 ・192.168.0.1  ←ルーター
 ・192.168.0.10  ←クライアントPC(Windows)
 ・192.168.0.200 ←Linuxサーバー
 ・192.168.0.201 ←Windowsサーバー

ちなみにWindows 8.1(というかクライアント向けWindowsエディション)をサーバーとして使用するのはライセンス的にはNG? …と目にしたこともあったのですが、家庭内での使用に関しては規定の台数(同時接続20台)まではOKっぽいです。

※以下の場所に「マイクロソフト ソフトウェアライセンス条項」があります。

C:\Windows\System32\license.rtf
(一部抜粋)
デバイスの接続 お客様は、ファイル サービス、プリント サービス、インターネットの情報サービス、インターネット接続共有サービスおよびテレフォニー サービスのみを利用するために、ライセンスを取得したコンピューターにインストールされた本ソフトウェアに対し、最大 20 台の他のデバイスからの接続を許可することができます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。