本日のテーマは「Bullying?」

Bullying? What does mean it?

Extra classのテーマとして挙げられた『bullying』ですが、何のことか調べてみたら…

『someone who frightens, hurts, or threatens smaller or weaker people』

…なるほど。というわけで人間として最低な行為「いじめ」について。何故このテーマが挙げられたのかは置いといて…

「I am not good at Japanese bullying」

個人的な見解ですが、同じ日本人として思いつくのは『陰湿さ』でしょうか? 日本人は大人しく礼儀正しい…そう見えても陰では何をしているのか分かりません。

ディベーション云々以前に、日本人は気質的に面と向かって言う度胸があまりありません。その場でハッキリ言わないというのもある意味美点かもしれませんが、後でネチネチ言うので「陰のクレーマー」という異名も持っているようです。

その陰口は今やネットにもおよび、ネット上の個人に対する誹謗中傷、罵詈雑言は目に余ります。とはいえネット上での誹謗中傷は日本人に限った話ではないでしょうが、それでも日本人と外国人のネットの活用の仕方というのは何か違うような気もします。

普段良い人を演じている(?)からなのか、ネットだと匿名性を隠れ蓑に「嫉妬やいじめ的な書き込みが酷いなぁ…」というモノが多いです。肉親を殺されたわけでもないのに、公人私人問わず個人を一方的に叩くのは感心しません。ネットに匿名性などないのによく書き込む度胸があるなぁ…と変に感心します。書き込み元は調べられたら分かってしまいますよ?

ただ、ブラック企業を叩くのは別問題です。従業員を大切にできない企業が、ユーザー・消費者のことを大切にするわけがありませんからねぇ…。

弱い者いじめやネットで他人をあれこれ叩いている暇があったら、自らの行動を顧みて反省するべきでしょう。他人の気持ちが分からない時点で、何かしらの病気なのか、それとも特別な障害をお持ちなのかな? と思ってしまいます。

しかし何と言っても学校での「いじめ」が無くならないのが非常にもどかしいものです。

もし学校でいじめられている方がいましたら、戦わずに逃げてしまいましょう。あるいは思い切って海外にでも行ってみるのはどうでしょうか? 日本人の考え方や視野がいかに狭いか、海外の人々の思考や生き方はどうなのか、そういった点に触れるだけでも人生が変わるかもしれません。何よりいじめているような連中を相手にするのは時間の無駄でしかありません。

成人式も迎えていない若い子が海外で頑張っている姿を見ていると、いじめなんてみっともないなぁ…と本気で思います。小学生以上のいい年した人間がいじめをやっているのは知能が足りない証拠です。顔も名前も出さずに誹謗中傷ばかりのネット弁慶もみっともないですよ。

…とまあ、やや脱線気味になってしまいましたが、バンクーバーでこういうことを考えるのもたまにはありかもしれませんね (^^;)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。