SUPER GTメーカー合同テスト

3月23日・24日の2日間、富士スピードウェイにてSUPER GTメーカー合同テストが行われるというニュースがありましたので、24日にFSWへ行ってきました。

入場料1000円でSUPER GTのテストが観られるのであれば、平日に(有給を使って)行くというのもありですねぇ (^^;)


第一コーナー側の駐車場に車を停め、しばらくは第一コーナー側から見学。

今季から道上選手が監督を務める“Drago Modulo”のNSX CONCEPT-GTマシンがいきなりスピン。


幸い大事には至りませんでしたが、セーフティーカーと共に逆走してピット出口へ向かって行きました。


場所を移動し、ピット側屋上から見学。ピット作業の様子も見ることができますが、あまり身を乗り出しすぎると危険なので要注意です。



ピットレーン出口まではスロー走行なので、意外と撮影には適していました。



若干上空から俯瞰する感じになってしまいますが、こういう構図もありかも?



ピット上部から観ていて感嘆させられたのが、GT500マシンのパワー。



トルクがありすぎるのか、ピットアウト直後は真っ直ぐに走らないんですねぇ。

NISSAN陣営はフロント周りがダズル迷彩になっていました。空力的にここが一番のポイント?


HONDA、LEXUS両陣営はそんな小細工はありませんでした。正々堂々としています (^^;)

GT300のマザーシャシー「86MC」も観ることができました。昨年の海外テストではなかなか良い走りをしていたようです。

LEXUS RC F GT3も初見参。



海外勢のGT3とのバトルが楽しみです。Ferrariのマシンも久しぶりに観ました。


LEXUSのGT500マシンの作業もここから観ることができました。


途中ピットウォークと休憩を挟んで、再びピット上部から見学。


PACIFIC RACINGのMcLarenも午後になってようやく走行開始。カラーリングはまだありませんでした。開幕戦までのお楽しみ、といったところでしょうか。

Drago Moduloも開幕戦ではどのようなカラーリングになるのか楽しみです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。