東北地方ツーリング

SUPER GT観戦も終わったので、本日より東北地方ツーリングに変わります。のんびり東北を巡ったことがないので良い機会です。

一つ気になるのは、2011年3月11日の大震災の影響。あれから4年半が経ちましたが…さてさて。

初日から良い天気に恵まれました。ここが噂の松島ですか…駐車場が何処も一杯でした。そういえば世間は連休でしたね (^^;)

東北地方も一般道でぐるっと走り回る予定ですが、何ということでしょう…どうやら風邪を引いてしまったようです。道中ドラッグストアがあったので葛根湯を購入。寝る前に服用しようそうしよう。



国道45号をひたすら北上し、道の駅上品の郷へ。東日本大震災の記録が展示されていましたが、これほどまでに酷かったとは…。40mもの大津波とM9.0の激震があったことが信じられません。

北上川沿いに走りながら、道の駅津山の方へ抜けて再び海岸の方を目指します。

南三陸町に抜けたところで、気になる建物が目に入ったので立ち寄ってみました。結構衝撃的な写真かもしれませんがご容赦下さい。

復興真っ最中かと思われますが、4年経った今でも海岸では造成工事が進められていました。



大津波によって被災した防災庁舎。近くには同じように被災して廃墟と化した建物もありました。

こうして東日本大震災の爪痕がまだ残っていましたが、実際に目の当たりにすると言葉がありません。改めて哀悼の意を表します。


ちなみに国道45号を走っていると、写真のような“過去の津波浸水区間”の看板もありました。ナビのデータが古いこともあって、道がズレている箇所もあったり。

道の駅大谷海岸到着。おそらく…というかここも津波の被害を受けたのでしょう。線路の復旧予定はあるのかないのか…。

あちらこちらで過去の被害の様を見せつけられつつ、ひたすら北上していくといつの間にか岩手県へ。こちらも結構衝撃的な写真かもしれませんがご容赦下さい。


道の駅高田松原。旧道の駅とでも言うべきでしょうか、こちらも甚大な被害がそのまま残っていました。建物内部は崩れ落ちて無残な状態…。

すぐそばのガソリンスタンドの看板ですが、津波水位が凄まじい…。


このパイプラインらしきものは一体何なのか…? 復興工事のためのものなのでしょうが、これはこれで印象的な光景です。



旧道の駅高田松原の周辺はまだまだこのような状態でした。


ニュースでも話題になりました“奇跡の一本松”がある場所にも行ってみました。


この辺りはどうするのでしょうか? このまま残すのか、更地にするのか…。

これが一本松……でも何となく違和感がありますね? 作り物っぽいような…??


作り物でした (^^;)
しかしこの一帯が何万本という黒松林だったとは思えない変わり様。この辺りも被害が大きかったんだなぁと思い知らされました。


阪神淡路大震災の時もそうですが、こういう未曽有の大震災時に政権がアレだと…ねぇ…… (・ω・)

それはさておき、実は道の駅高田松原で一泊の予定でしたが、このような状況ではちょっと…というわけで道の駅さんりくへ移動となりました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。