ユーザー車検

2年に1度の自動車検査がやってきました。幸いにも運輸支局が近いので、今回も自動車検査予約システムから予約を取り、ユーザー車検を実施してきました。

書類3点 : 20円
重量税印紙 : 24600円
検査登録印紙 : 1700円
自賠責 : 27840円

運輸支局に持っていく物は、「自動車税納税通知証」「旧車検証」「点検整備記録簿」の3つ。“後整備”の場合は点検整備記録簿は無くても大丈夫ですが、車検証と一緒にはさんでいるのでそのまま持ち込み。

書類と印紙を購入して、自動車税納税のチェックをしてもらい、自賠責の更新を済ませることで、ようやく車検を受けることができます。なお、手順に関しては聞けば教えてもらえますし、書類の書き方はテーブルに記入例があります。

車を検査場に移動し、係員の目視チェックから入りますが、車検の手順も分からない場合はその都度聞けば教えてもらえます。しかも親切丁寧です(笑)
今回も“初心者”ということなので、ハザードランプを付けて検査ラインに入ります。

周りの人達は整備士ばかりですからねぇ…仕事で毎日車を持ち込んでいれば手順は熟知しているでしょう。しかしこちらは2年に1回しかやらないので、手順なんてすっかり忘れてます (^^;)

検査項目に引っかからなければ、15分もしないで終わります(光軸検査が一番の関門?)。検査書類に合格の判子をもらい、窓口に旧車検証と一緒に提出して、新しい「車検証」と「有効期限ステッカー」をもらって、車検は完了です。

二輪も四輪もずっとユーザー車検で通していましたが、そろそろ次回車検からはディーラーにお願いしようかな? 「継続検査」なので全国どこでも受けられるし、夏場は暑くて正直大変です…。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。