2014FIM MotoGP世界選手権シリーズ第15戦 日本グランプリ


2014FIM MotoGP World Championship Round15 Grand Prix of Japan

実に3年ぶりとなるMotoGP観戦です。今年もWECと日程が被っているんですが、何とかなりませんか?

さて、久しぶりのツインリンクもてぎですが……どうもスタンドの様子がおかしい?? 本来自由席だった所の席が無いような。しかも入れないであろう場所に観客の姿も見受けられ、どういうことかスタッフの方に尋ねてみたら、観客が勝手に入っているそうな。

…うん、まあ色々とグダグダですねぇ (^^;)

本当はビクトリースタンド席で観戦したかったのですが、チケット購入時期が遅く既に全席売り切れていました。なのでやむなく自由席観戦なのですが、前述の通り無法状態でした… (・ω・)

“Moto3 Class Final”

“Moto2 Class Final”

Moto2決勝レース後、Michael Mick Doohan氏による1997年型HONDA NSR500のデモンストレーションラン。2ストロークマシンですね。

この日本GPはもう一つ重要なレースでもあります。もしかしたらMarc Marquez選手が日本GPでタイトルを決めるかも? というレースです。今年は開幕から10連勝をやってのける凄いライダーです。


“MotoGP Class Final”


ツインリンクもてぎの自由席からロードコースは遠いので、望遠からさらにトリミング。画像が荒いなぁ…。



Jorge Lorenzo選手はトップで逃げますが、後方ではValentino Rossi選手とMarc Marquez選手の2位争い。

MotoGP決勝結果は2位でしたが、Marc Marquez選手が2014年度のチャンピオンタイトルを決めました!


グランドスタンドから遠いですが、このパフォーマンスは一体…(笑)
その昔、Valentino Rossi選手も日本GPでチャンピオンを決めた時に何かパフォーマンスやってましたねぇ…伝統でしょうか? (^^;)

HONDAの本拠地でチャンピオンとは魅せてくれます。

MotoGP Result
Win No.99 Jorge Lorenzo (Movistar Yamaha MotoGP)
2nd No.93 Marc Marquez (Repsol Honda Team)
3rd No.46 Valentino Rossi (Movistar Yamaha MotoGP)

決勝レース後、2015年からMotoGPに再び参戦するSUZUKIの車両のデモランもありました。

Kevin James Schwantz氏とFranco Uncini氏による旧マシンGSV-Rと新マシンGSX-RRのデモラン格好良かったです。MotoGPクラスはメーカー参戦が増えますね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。