2015 FIM世界耐久選手権シリーズ “コカ・コーラ ゼロ” 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第38回大会

毎年楽しみにしていた鈴鹿8耐観戦ですが……今年は断念しました orz



今年はテレビのある実家で観戦していましたが、C.Stonerの転倒・クラッシュには驚きました。

トップ走行中だったので、丁度ヘアピンに差し掛かる手前から映しだされていましたが、一部始終を目にした時の衝撃と言ったら…。これは現地で生観戦していた観客もビックリしたでしょう。

今年のMuSASHi RT HARC-PROは残念な結果となってしまいましたが、F.C.C. TSRが2位に入って表彰台獲得。ただ、YAMAHAの新R1を見る限り、かなり高性能なマシンだなぁ…と感じました。HONDAもいい加減CBR1000RRの新型を投入しないと来年は勝つのは厳しいかもしれませんねぇ…。

[©World Hi-Vision Channel, Inc.]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。