光陰矢のごとし

Time flies. It was a quick life in Vancouver.

語学留学先として訪れたバンクーバーでの生活はあっという間でした。

当初は2ヶ月の予定でしたが、1ヶ月延長して3ヶ月の生活となりました。残念ながら一身上の都合により、一足先に日本に帰ることとなります。ビザの都合上最長6ヶ月間は滞在可能ですが…非常に悔やみます。

この日はとある学校の説明会聴講のために、そちらへ足を運んでみました。今回の所はTOEIC 550以上で入れる学校です。自分はTOEICは受けたことがないし、最初は受ける気もありませんでしたが、TOEICがどのようなものなのか気になってきました。帰国したら受けてみようかしら?

説明会の方ですが、どのようなものかは何となく分かりましたが、聞いているとやっぱりもう少し滞在を延長したいなー…という気持ちも湧き上がってきます。

まああれこれ悩んだり悔やんでもどうにもなりません。海外で学んだ事・経験は無駄にはなりませんので、帰国してからも活かしていきます。ただ、これも過去の経験から学びましたが、くれぐれも無理をしないというのも大切です。

新しくやってくる生徒がいれば、卒業していく生徒もいます。目的も職業も皆異なりますが、英語を学びに来たのは同じです。さあ、自分はこの先どうしたい? 何をやりたい? 道は見えているのかいないのか?

ちなみに一つ分かったことは、「やはり日本人はコミュニケーション能力が低いかな?」という点ですね。実体験なのでよく分かります (^^;)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。