2016 FIA F1世界選手権シリーズ第17戦日本グランプリレース

予選中は持ちこたえた天気でしたが、夜は本降りとなりました。決勝当日は朝の雨が止んでからサーキットへ。
 ≫記事『2016 FIA F1世界選手権シリーズ第17戦日本グランプリレース ~ 予選

決勝もスプーンカーブの西エリア(M)にて観戦。ホームストレートから一番遠い場所になりますが、チケットの価格と観やすさからここが一番適しているかと思います。

【重要】国歌独唱の時は起立して脱帽すること


西エリアにはサーキットビジョンが無いので、決勝中はどのマシンが何位かは上位チームのドライバー位しか分かりません。周回遅れにされたドライバーは残念ながら…。


鈴鹿でもMercedesは速いですねぇ…先行開発の利を得たチームは強い。

Top10はMercedes、Red Bull、Ferrari、Force India、Williamsが占めましたが、やはりMercedes製PUは強いですねぇ。HondaもPU開発頑張ってほしいものです。

決勝終了後は西コースウォークに参加しました。サーキット周辺はまだ混んでいると思われるので、少し時間をつぶしてから帰ります。


すっかり秋模様です。この時間帯になると風が少し肌寒く感じました。

ホームストレートからコース外へ。いつかはグランドスタンドで観戦してみたいですが、チケット代がお高くて手が出せません… (^^;)

コースウォークも終えてからの帰宅でしたが、高速を使わずにその日のうちに帰れるとは…関西在住のメリットって大きいです。

P.S.

出走した22台が全車完走を果たし、2016年中国GP以来今シーズン2回目、鈴鹿では2年連続(前年は1台完走扱いを含む20台)の全車完走となった。

場内アナウンスでも言っていましたが、日本GPではリタイアしたドライバーはいませんでした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。