Capilano Suspension Bridge

例によって学校のメンバーでCapilano Suspension Bridgeに行くことになりました。
地図で確認すると、キャピラノ川沿いに北上するようですが、ダウンタウンからバスで行けます。

入場料金がちょっとお高いなぁ…と思ったら学生料金があり、ダメもとで聞いてみたところ、学生料金で入ることが出来ました。Student IDが初めて役に立ちました(笑)

Capilano Suspension Bridge。この橋を渡るまで若干の行列あり。

光量が足りなくてコンデジでの撮影は厳しいです。F値の明るいスマフォですらギリギリ。一眼レフカメラがあれば…。


吊り橋を渡った先にはTreetops Adventureというアスレチックのような、木の上を渡れるような木製の橋があります。

…暗くて写真を撮るのは難しいです。


ここの風景と水面に映るイルミネーションは綺麗でした。

ここ以外にもCriffWalkの方も色々と凝っていますが、暗くて写真撮影はほとんど無理でした。実際に自分の目で見てみることをオススメします (^^;)

ちなみにここCapilanoでは、年間パスというものもありますが、そのパスに切り替えるにはBC ID(例:Driver’s lisence)が必要なようです。自分はもう行けませんが、できれば昼間に訪れてみたい所です。

流石にこの季節だと結構寒かったです。帰りのバス(246番)もなかなか来ないので、夜に行くなら防寒対策はしっかりと。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。