京都旅行御一行様

「みんなで叶える京都物語」

今回は新幹線で京都へ。夜行バスと比べるのもアレですが…早いですねー。

1泊2日の旅なので、2日観光チケットを買って早速市内巡り。何時の間にか京都も萌えキャラの路線に入りましたか…ターゲットとする層はどこでしょう?(笑)

京都市営地下鉄にて最初にやって来たのが醍醐寺です。桜といったらまずはここでしょう。


その昔、豊臣秀吉公が盛大な花見の宴を催したといわれるのがここですね。当時の花見がどのようなものだったのかは知る由もありませんが (^^;)

枝垂れ桜はもう散り始めていました。満開だったら見応えあったでしょう。過去に満開の桜を観たこと…あったかな?


醍醐寺は3箇所くらい拝観エリアがあるので、どこに入るか悩みます。桜を観たいので奥に進みます。


五重の塔は以前観たことはありますが、この池のある場所には来たことあったかな? …記憶にないということは初めてかもしれません。

再び地下鉄で移動し、蹴上に到着。


蹴上インクラインの桜を観ながらの散策も、この時期ならでは。このまま南禅寺に移動していきます。


南禅寺ですねー。昨年の秋にも訪れましたが、桜の季節も良いものです。



琵琶湖疏水の水路閣。南禅寺に来たらここには必ず行きます。けいおん効果恐るべし(笑)


南禅寺から徒歩で哲学の道へ。途中京都の名物にしんそばを頂きましたが、実は食べるのは初めてです。普段なら食べずにあちこち回りますので (^^;)

哲学の道を北上。桜の下を散策できるのもこの時期ならでは。観光客多いですけど…。


今年は丁度満開の時に京都に来られたので良かった♪ 欲を言えば晴天だったら…。

水路と桜のある風景って良いものです。水が奇麗だからなおのこと。

ここまで来たら、ついでに慈照寺(銀閣寺)にも。参拝時間は残り少なかったですけど、拝観したのは何年ぶりだろう?


桜を楽しむより、庭園の素晴らしさを堪能するのがここ銀閣寺。山のふもとなので、まむし注意の立て看板が気になります (^^;)

水路は桜の花びらでピンク色になっていました。こうしてみると結構散っているんですねぇ…。この様子では来週末だと見頃終えているでしょう。

というわけで1日目は天気の良いうちに醍醐寺から始まるルートで桜観光。醍醐寺はちょっと京都市街から離れていますので、移動のことを考えるとベストな選択だったかと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。