蔵王温泉スキー場

今シーズンはバンクーバーでスノーボードという贅沢を味わいましたが、日本国内は未滑走でしたので、今回は山形県の蔵王温泉まで行ってきました。

東北自動車道を利用すれば早く着きますが、節約のためにも一般道をひたすら走行となりました。ただ、距離的に一気に蔵王まで行くのも厳しいので、道中道の駅たかはたで一泊することにしましたが、今回はこれが正解でした。

蔵王温泉スキー場にある駐車場ですが、分かりづらいという印象です。無料なので文句は言えませんが、あちこち移動する羽目となりました。もし夜中に到着していたら、どこに駐車場があるのか分かりません…。

もう一つの懸念点は、ゲレンデの積雪に関してです。この時期でも東北だから雪はあるかな? と漠然にしか思っていませんでしたが、積雪情報では怪しい状態。実際に現地で見てみたところ……ダメでした。麓では一部地面が見えてます…。




麓がダメなら名物の樹氷原コース! …と足を運んでみましたが、こちらは完全にアイスバーンでまともに滑れる状況ではありませんでした。なお樹氷に関しては既に見ることはできません。

唯一の救い(?)は平日ということでゲレンデはほぼ貸し切り状態。ただリフト間の移動は大変でした。蔵王には昔一度だけ来たことがありますが、こんなゲレンデだったかなぁ…?? もはや遠い記憶です。

美しい思い出ならば、当時見た樹氷は天気にも恵まれたおかげでとにかく見事でした。もしスキーツアーバスで行くなら若いうちに行っておくことをおすすめします(笑)

今回は自走では最長距離のスキー場でしたが、ゲレンデの雪質的にも一日券ではなく5時間券で十分事足りました。東北のスキー場とはいえ、3月下旬ではもうコンディション的に厳しいのだと思い知らされました。


遠い所せっかく蔵王まで来たので、外湯で汗を流してから帰宅することに。


湯に浸かりながら地元の方と話をしていましたが、東北の人の特徴として、他人に気を配り、のんびりな方が多いそうです。ついでになぜ外湯が熱いのかも教えてもらいました。なかなか興味深い…。

温泉も堪能したしさて帰ろう…と思っても距離が距離だけに帰りも道の駅で一泊。

日が変わり翌朝目が覚めたら雪景色。この時期でも米沢はまだ雪が降るんですねぇ。ちなみにここの道の駅をよく見たら昨年東北ツーリングで立ち寄った所でした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。